お問い合わせ

当院について

Profile

令和2年度 TMGあさか医療センター 病院指標

年齢階級別退院患者数
ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 154名 201名 295名 384名 763名 957名 1,249名 2,317名 1,983名 479名

令和2年度退院患者様の人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
令和2年度の全退院患者数は8,782名になります。昨年度と同様に、最も多い年代は70歳台で2,317名、70歳以上で全体の約54%を占めております。0歳~も154名と、幅広い年代構成となっております。少子高齢化社会が進んでいる影響により、今後も入院される患者様の年齢層が上がっていくことが予想されます。当院は急性期病院として入院加療を必要とする多くの患者様に医療を提供できるように、平成30年1月に新築移転(増床)し、446床になりました。近隣の医療機関からの紹介件数も年々増加しており、地域住民、地域医療機関と密着した医療の提供に努めております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む)  内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術等 488名 2.12日 2.66日 0.00% 66.08歳
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く) インスリン製剤(注射薬に限る) 93名 13.80日 14.60日 1.08% 62.83歳
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 75名 23.45日 20.51日 9.33% 83.85歳
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 74名 16.11日 13.00日 8.11% 75.66歳
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 56名 9.38日 9.53日 1.79% 75.13歳

内科で一番多い症例は、『小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む)  内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術等』です。消化器内科が専門とする患者様を多く受け入れております。医療技術の発達とともに胃がんや大腸がんを早期に発見し、おなかを切らずに内視鏡で治療できる症例が増加しております。拡大内視鏡を用いた観察により、適切な治療を提供できるように努めております。また、外科とも密に連携をとっており、手術が必要と判断した場合、患者様の病態によっては継続入院したまま外科へ転科し手術を行う場合があります。

二番目に多い症例は、『2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く) インスリン製剤(注射薬に限る)』で、糖尿病の教育入院になります。三番目が『誤嚥性肺炎』に対する入院加療、四番目が『尿路感染症』に対する入院加療となり、様々な施設からの高齢者の患者様を受け入れております。五番目の『胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等』は、胆管炎に対する内視鏡を用いた胆道ステント挿入術になります。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1-あり 18名 1.00日 2.12日 0.00% 2.28歳
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 処置2なし 副傷病なし - - 5.86日 - -
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1-なし - - 2.44日 - -
161020xxxxx00x 体温異常 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし - - 6.10日 - -
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし - - 6.46日 - -

小児科で一番多い症例は、『食物アレルギー』の診断を目的とした入院です。近年、食物アレルギーが増加傾向にあり、食物負荷試験を日帰りで行い、引き続き外来にて食物アレルギーの除去食や栄養面でのアドバイスを行っております。
昨年度は新型コロナウイルス感染拡大により、小児病棟が閉鎖となり、一般小児科の入院が困難となったため、上記の数字となっております。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 77名 9.10日 7.23日 0.00% 57.16歳
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 71名 8.18日 4.86日 0.00% 69.72歳
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 58名 10.67日 9.08日 1.72% 73.07歳
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 52名 7.96日 5.44日 0.00% 37.73歳
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術:結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術処置等1:なし 定義副傷病:なし 48名 17.80日 16.19日 2.08% 69.65歳

外科で一番多い疾患は、『胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし』です。胆嚢炎など、腹腔鏡下で胆嚢を摘出します。
二番目に多い疾患は、『鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等』です。三番目に多い疾患は、『ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし』で、腸閉塞の保存療法となります。
上記良性疾患のほか、四番目に多い疾患が、『虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等』(盲腸) の救急疾患に対する手術療法となります。
五番目に多い疾患が、『結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍

手術:結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術処置等1:なし 定義副傷病:なし』で、大腸癌に対する手術療法です。ほか、胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌等の悪性疾患に関しても手術療法を中心とした治療を行っております。早期胃癌、一部の高度進行癌を除く大腸癌は侵襲の少ない腹腔鏡手術を施行しております。さらに、手術療法以外で化学療法などの集学的な治療も行っております。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 170名 26.12日 25.09日 41.18% 81.17歳
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2-なし 138名 20.91日 20.40日 2.90% 72.93歳
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2-1あり 134名 2.35日 2.68日 0.00% 72.49歳
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 84名 29.99日 23.36日 7.14% 74.82歳
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 81名 5.01日 5.18日 2.47% 49.89歳

整形外科で一番多い疾患は、『股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等』で、大腿骨頸部骨折に対する手術です。高齢化社会を反映し、平均年齢は80歳を超えています。当院の骨折手術に占める割合の30%に上ります。
二番目に多い疾患は、『脊柱管狭窄  脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術 前方椎体固定等 』で、脊柱管狭窄症に対して除圧や固定を行う手術です。脊椎の骨折は十分な保存療法を行い改善が無ければ、BKP(経皮的バルーン椎体形成術)、脊椎固定術等の手術療法を行っております。
三番目に多い疾患が、『脊柱管狭窄  手術なし 手術・処置等2-1あり』で、脊柱管狭窄症に対して行う脊髄腔造影剤使用撮影の検査入院です。
四番目に多い疾患が、変性疾患の『膝関節症 人工関節再置換術等 』で、変形性膝関節に対し、人工関節に置き換える手術です。
その他、スポーツ外傷・障害など幅広い整形外科疾患に対応しております。MRIやCTを用いて各疾患の積極的診断を行い、保存的加療または手術的加療の判断をしております。高齢者の骨折術後経過の特徴は、体力が無く疼痛に耐えられず直後からのリハビリができなくなる傾向があります。当院では近隣施設とも密に連携を図り、術後3週間前後を目安に転院調整を行っております。また比較的若い方で、1ヵ月前後にリハビリで退院可能な場合は、当院から直接自宅へ退院することも少なくありません。
当院は人工関節センター、脊椎内視鏡センターを設置し、より専門性の高い医療の提供に努めています。人工関節センターでは変形性膝関節症の方を対象に、再生医療外来を開設し、PRP(Platelet Rich Plasma)治療を行っております。PRP治療=多血小板血漿療法は、患者様ご自身の血液から抽出した「多血小板血漿(PRP)」を、実施部位に注射する再生医療です。PRP治療は、その名の通り、血小板が豊富に含まれた成分を用いて、血小板の機能を活用した治療法です。血小板には、血管が損傷したとき、固まって出血を止める働きがあります。また、種々の成長因子を放出する働きもあります。PRP療法には、血小板から放出される成長因子等の成分により、傷んだ組織の修復や関節炎の症状軽減を促進させる効果が期待されます。詳細は、当ホームページ内『再生医療(次世代PRP治療)』をご確認下さい。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 45名 2.00日 2.74日 0.00% 70.73歳
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 16名 3.56日 5.28日 0.00% 27.25歳
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 14名 2.86日 6.27日 0.00% 42.50歳
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2-なし - - 3.07日 - -
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1-なし - - 4.76日 - -

形成外科で一番多い症例は、『静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 』で、下肢静脈瘤に対するレーザー手術です。下肢静脈瘤は、足の皮膚のすぐ下を流れる静脈(表在静脈)にある逆流防止弁が壊れ、本来足首から心臓に向かって流れるはずの血液が、足首に向かって逆流することで発症します。血液が逆流すると、その下にある静脈が瘤状に拡張して静脈瘤となり、血管が皮膚表面にボコボコと浮き出る症状が現れます。逆流している静脈の血管内にレーザーを当てることにより、逆流を止める治療を行います。二番目に多い症例が、『顔面損傷 鼻骨骨折整復固定術等 』で、顔面骨折に対する手術です。三番目に多い症例が、『その他の新生物 手術あり』で、皮膚腫瘍に対する手術です。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 137名 9.85日 7.48日 2.92% 46.04歳
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病なし 70名 17.30日 15.64日 28.57% 69.70歳
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 61名 22.41日 18.86日 59.02% 66.87歳
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 定義副傷病なし 52名 17.87日 15.54日 25.00% 74.62歳
010230xx99x20x てんかん 手術なし 手術・処置等2-2あり 定義副傷病なし 41名 8.88日 13.98日 0.00% 37.05歳

脳神経外科で一番多い疾患は、『てんかん』です。当院はてんかんセンターを設置しております。てんかんセンターについては成人てんかん専門外来を週6日行い、小児てんかんやトランジションにも対応しています。治療は外来での薬剤治療からビデオ脳波による診断、てんかん外科治療、ケトン食療法に至るまで行っております。
てんかん発作やてんかん重積の急性期の管理については、neuro ICUで持続脳波モニタリングと綿密な全身管理を行っており、治療困難な症例なども含め、近隣からの紹介を迅速かつ積極的に受け入れ、急性期から慢性期まですべてのフェーズに対応しております。
二番目に多い疾患は、『脳梗塞 手術・処置等2-4あり』です。一次脳卒中センターとして、24時間365日体制で血栓回収術、tPA静注療法を行っています。
当センターはてんかんのみならず、脳卒中、脳腫瘍、三叉神経痛などの脳神経外科疾患、頭部外傷、脳炎などの神経救急疾患・神経集中治療を要する疾患にも対応し、夜間・時間外の救急も積極的に受け入れを行っております。入院診療については、ICU, SCU, 一般病棟に至るまで、多科、多職種とのチーム医療を生かし、患者様にとってベストな治療を目指しています。
神経内科外来を充実させ、より幅広い疾患に対して対応が可能となっております。SPECT撮影できる条件を生かしつつ、物忘れ外来も週2日行っております。
地域との連携を大事にしながら、よりよい医療を目指していきます。

小児外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 37名 1.27日 2.79日 0.00% 3.19歳
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 22名 1.36日 3.02日 0.00% 3.50歳
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 14名 6.29日 5.44日 0.00% 10.71歳
11022xxx01xxxx 男性生殖器疾患 精索捻転手術 11名 1.82日 3.84日 0.00% 5.00歳
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 - - 9.76日 - -

小児外科で一番多い疾患は、『鼠径ヘルニア』です。二番目に多い疾患は、『停留精巣』です。三番目に多い疾患は、『虫垂炎』です。地域医療を担う医療センターとして身近な小児外科疾患に対し、小児外科専門医による手術を年間約150件ほど施行しています。小児のからだは単に大人を小さくしただけでなく、あらゆる臓器が未熟であり、このような小児の特徴を十分知った上で手術前後の治療を行うことが必要です。また小児のからだは大人に比べて小さく、繊細な手術のテクニックが要求されます。共働き世帯の多い地域で幼い患児とご家族の負担を極力抑えられるように、入退院のスムーズな手続きを構築し、予定手術症例のほとんどを日帰りで行っています。 

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 227名 2.68日 2.76日 0.00% 74.33歳
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり - - 5.65日 - -
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし - - 6.49日 - -
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり - - 3.15日 - -
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.18日 - -

眼科の入院で多い疾患は、『白内障』です。当院では通常1泊2日または2泊3日の入院で片眼の白内障手術を行っております。 また、硝子体疾患、斜視などの手術は4日程度の入院にて対応しております。

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 59名 6.76日 4.94日 0.00% 64.46歳
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 48名 10.81日 9.17日 2.08% 53.75歳
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 43名 6.56日 5.63日 0.00% 39.77歳
030428xxxxxxxx 突発性難聴 41名 9.68日 8.81日 0.00% 56.10歳
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 29名 9.48日 6.71日 0.00% 60.55歳

耳鼻科で一番多い疾患、『前庭機能障害 手術なし』は、いわゆる『めまい症』になります。 二番目に多い疾患は、『顔面神経障害 手術なし 』です。三番目に多い疾患は、『扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 』です。その他、『口蓋扁桃手術(摘出)』や、『内視鏡下鼻・副鼻腔手術』に対応しております。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1-なし 13名 10.62日 12.87日 0.00% 70.69歳
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 9.12日 - -
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1-なし - - 11.29日 - -

皮膚科で一番多い疾患、『膿皮症 手術・処置等1-なし』は、『蜂窩織炎(ほうかしきえん)』です。蜂窩織炎は、皮膚とそのすぐ下の組織に生じる広がりやすい細菌感染症で、30代~80代まで幅広い年齢層で罹ります。細菌は通常、ひっかき傷、刺し傷、手術、熱傷(やけど)、真菌感染症(みずむしなど)、皮膚の病気などによって皮膚にできた小さな開口部から侵入してきます。しかし、蜂窩織炎は明らかな傷のない正常な皮膚にも起こることがあります。抗菌薬による治療を迅速に行います。高齢者、基礎疾患をお持ちの方は入院期間が長くなる傾向があります。

婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 124名 4.69日 6.10日 0.00% 44.39歳
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 52名 4.77日 6.16日 0.00% 39.00歳
120110xx02xxxx 子宮・子宮附属器の炎症性疾患 骨盤腹膜外膿瘍切開排膿術等 38名 5.18日 10.14日 0.00% 40.47歳
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2-なし 21名 2.00日 3.11日 0.00% 39.43歳
120110xx01xx0x 子宮・子宮附属器の炎症性疾患 子宮全摘術等 定義副傷病なし 20名 5.45日 10.45日 0.00% 41.95歳

婦人科で一番多い疾患は、『子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 』です。当院は婦人科腹腔鏡センターを設置しており、婦人科腹腔鏡手術において最も難易度が高いとされる腹腔鏡下子宮全摘術が当院で最もスタンダードかつ件数の多い手術となっております。良性手術全例を腹腔鏡下にて施行しており、癒着が強く敬遠されがちな子宮内膜症症例も同様に実施しております。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx9900xx 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし等 61名 15.07日 17.23日 13.11% 81.15歳
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈ステント留置術等 処置1なし 処置2なし 38名 5.00日 4.44日 0.00% 68.34歳
050130xx9902xx 心不全 手術なし 処置1なし シンチグラム等 33名 25.03日 24.18日 6.06% 82.18歳
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 心臓カテーテル法による諸検査等 処置2なし 28名 3.96日 3.07日 0.00% 67.29歳
050130xx97020x 心不全 その他の手術あり 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-2あり 定義副傷病なし 21名 30.43日 36.61日 14.29% 82.05歳

循環器内科で一番多い疾患は、『心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし等』です。心不全とは、心臓に何らかの異常があり、心臓のポンプ機能が低下して、全身の臓器が必要とする血液を十分に送り出せなくなった状態をいいます。入院加療のほか薬物療法、栄養指導、心臓リハビリテーションなどの二次予防も行っております。二番目に多い疾患は、『狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈ステント留置術等 処置1なし 処置2なし』で、狭心症などの虚血性心疾患に対するカテーテル治療です。狭心症などの虚血性心疾患は、心臓の筋肉に必要な栄養や酸素を運ぶ血管(冠動脈)が細くなったり詰まったりして、心臓に十分な血液が送られなくなることによって胸の痛みなどが起こります。三番目に多い疾患は、『心不全 手術なし 処置1なし シンチグラム等』で、放射性医薬品というお薬を体内に投薬して、心臓の筋肉への血液供給が十分かを調べる検査を実施しております。四番目に多い症例は、『狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 心臓カテーテル法による諸検査等 処置2なし』で、狭心症などの虚血性心疾患の検査目的入院です。特に65歳~80歳代の方で、心機能の異常や動悸を主訴に来院される方が多く、治療が必要と判断された場合は、引き続き当院にて心臓カテーテルによる治療を行うか、外科的手術が必要と判断された場合は治療可能な医療機関と密に連携を図り、治療を継続していきます。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
ファイルをダウンロード

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 57 6 19 19 33 17 1 8
大腸癌 25 41 52 62 61 24 1 8
乳癌 26 23 - 10 12 - 1 8
肺癌 - - 23 30 17 - 1 8
肝癌 - - - - 19 - 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

現在日本で最も罹患率の高い5つのがん(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)の病期(stage)ごとの症例数を集計したものです。
手術(腹腔鏡、内視鏡、他)、抗がん剤治療のほか、緩和ケア病棟も有しチーム医療を行っています。5大がんの患者数は大腸癌が最も多く、約46%を占めております。次いで胃癌、乳癌、肺癌、肝癌となります。癌の診断検査目的の場合、入院中に進行度が確定せずStage不明となります。

成人市中肺炎の重症度別患者数等
ファイルをダウンロード

  患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 4人 9.75日 63.50歳
中等症 30人 17.73日 81.17歳
重症 79人 21.95日 77.03歳
超重症 14人 47.36日 83.14歳
不明 - - -

普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎を市中肺炎といいます。入院時の各状況、年齢(Age)、脱水(Dehydration)、呼吸(Respiration)、意識(Orientation)、血圧(Pressure)の5つについて点数化(A-DROP)し、重症度判定をしております。高齢化するほど重症化する傾向があり、入院期間も長期化してきます。早期の離床を目指したリハビリを実施し、合併症や重症化に対する予防を心がけております。

脳梗塞の患者数等
ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 336人 27.68日 75.01歳 38.15%
その他 31人 25.19日 72.23歳 3.54%

当院は集中治療室(ICU)10床、脳卒中ケアユニット(8床)、CT・3テスラMRI(2台)、SPECT、アンギオ装置(2台)を有し、24時間365日体制で血栓回収術、血栓溶解療法(t-PA)に対応しております。夜間は脳神経外科の当直医師、神経集中治療部のICU当直医師を配置し、並列で緊急対応できる体制を整えております。急性期は病態に応じてSCUまたはICUにて全身管理を含む治療を行います。二次予防も非常に重要であり、必要であれば、循環器と連携し経食道心エコーを行い、正確な病型診断に基づいた抗血栓薬の選択を行います。全身合併症の評価、心疾患のスクリーニングを行い、必要に応じ循環器内科と連携し冠動脈CTなどの評価も行います。リハビリや看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーとの回診で情報を共有することで、患者様の社会復帰や生活復帰を目指して効率よく治療が運ぶようにしています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 470名 0.01日 1.16日 0.00% 66.08歳
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 85名 3.56日 14.06日 8.24% 78.08歳
K654 内視鏡的消化管止血術 60名 5.83日 19.50日 15.00% 72.93歳
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍胃粘膜下層剥離術 47名 1.04日 6.23日 0.00% 73.74歳
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 37名 0.30日 4.49日 0.00% 71.95歳

内科で一番多い手術は、『内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術』です。通常の粘膜切除術では取ることが困難な大きさの病変などは、四番目に掲げた手術、『内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍胃粘膜下層剥離術』を行います。これは消化管の内腔から粘膜層を含めた粘膜下層までを剥離し、病変を一括切除するという治療法です。二番目に多い手術、『内視鏡的胆道ステント留置術』は、主に胆管炎に対する手術で、胆管・膵管の閉塞部位にステントというストロー状の短い管を入れて、胆汁や膵液の流れを良くする治療です。三番目に多い手術、『内視鏡的消化管止血術』は、胃・十二指腸潰瘍出血に対して行う手術で、出血部位や露出血管の状態などによってクリップ止血法と高周波焼灼止血術を選択して実施します。五番目に多い手術、『早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術』は、早期の大腸癌を対象に、従来の内視鏡的粘膜切除術では切除出来ない大きな病変や、切除が難しい病変に対しても治療を行うことが出来ます。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 98名 0.81日 7.76日 1.02% 58.74歳
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 62名 2.44日 14.85日 1.61% 69.85歳
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 53名 0.30日 6.66日 0.00% 37.60歳
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 47名 0.23日 7.15日 0.00% 71.79歳
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 45名 0.47日 8.49日 0.00% 49.09歳

外科で一番多い手術は、『腹腔鏡下胆嚢摘出術』、二番目に多い手術は、『腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術』、三番目と五番目に多い手術は、『腹腔鏡下虫垂切除術』と、腹腔鏡を用いた手術に力を入れております。腹腔鏡手術は体に数ヶ所小さな穴をあけ、炭酸ガスを注入してお腹を膨らませ、その空間に腹腔鏡を挿入して行う手術手技のことです。 「きずが小さく痛みが少ない」、「開腹手術と比較して回復が早い」、「術後の癒着が少ない」など、低侵襲手術として大きなメリットがあります。四番目の『ヘルニア手術 鼠径ヘルニア』は、患者様の状態や希望に応じ、従来の手術法や腹腔鏡で手術を施行しています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 180名 3.11日 21.76日 9.44% 72.21歳
K0821 人工関節置換術(膝、股) 177名 2.77日 25.33日 6.21% 72.88歳
K0461 骨折観血的手術(大腿、上腕、肩甲骨) 159名 3.13日 20.32日 32.08% 76.10歳
K0811 人工骨頭挿入術(股、肩) 98名 3.59日 21.41日 41.84% 80.67歳
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 83名 1.66日 6.07日 3.61% 59.69歳

整形外科で一番多い手術は、『脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定)』で、脊柱管狭窄症に対する手術です。脊椎には、脳から続く脊髄神経が通る管が柱のように上下に貫いています。これを脊柱管と呼んでいます。背骨の老化や酷使、炎症・外傷などのため椎間板が傷んだり、脊椎の骨自体の変形、靭帯の肥厚や骨化のため、脊柱管が狭窄し、神経を圧迫することがあります。この状態を脊柱管狭窄症といいます。手術で脊柱管後面の椎弓という骨と靭帯を切除し、椎間板ヘルニアがある場合は神経を圧迫しているヘルニアを摘出し、神経の圧迫を取り除きます。当院は脊髄内視鏡センターを設置し、より専門性の高い医療の提供に努めています。脊椎手術件数は年間590件に上り、脊椎指導医2名で、治療成績の向上を図ると共に予約から治療までの時間短縮を目指し治療に当たっています。

二番目に多い手術は、『人工関節置換術(膝、股)』です。変形性関節症、慢性関節リウマチ、外傷などのため股関節が重度に破壊され、股関節の痛み、歩行障害などが生じた場合は、手術をして股関節を人工材料の関節で置き換えます。当院は人工関節センターを設置し、人工関節手術を希望される方で、特に運動能力の低下が著しく介護が必要になった80歳以上の高齢者の方には、十分なリハビリを行い、日常生活の自立を治療目標としています。近隣在住の方が多く、リハビリ病院への転院を希望されない方も少なくなく、入院日数はやや長くなっております。

三番目に多い手術は、『骨折観血的手術(大腿、上腕、肩甲骨)』、四番目に多い手術は、『人工骨頭挿入術(股、肩)』、五番目に多い手術は、『骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨)』です。年間800件を超える骨折手術に関しては、受傷2日以内の手術を目標としています。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 45名 0.31日 1.78日 0.00% 70.67歳
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 (肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹) - - - - -
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術 (露出部以外/長径3cm未満) - - - - -
K427 頬骨骨折観血的整復術 - - - - -
K333 鼻骨骨折整復固定術 - - - - -

形成外科で一番多い手術は、『下肢静脈瘤血管内焼灼術』です。二番目・三番目に多い手術は腫瘍摘出術で、『四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術』・『皮膚、皮下腫瘍摘出術』です。四番目・五番目に多い手術は顔面外傷に対する手術で、『頬骨骨折観血的整復術』・『鼻骨骨折整復固定術』です。外来にて処置困難なものは入院にて対応させていただいておりますが、入院につきましても患者様のご負担にならない日数で済むよう治療に努めております。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 63名 1.67日 17.92日 17.46% 81.84歳
K178-4 経皮的脳血栓回収術 35名 0.03日 32.60日 57.14% 78.17歳
K1781 脳血管内手術(1箇所) 21名 1.76日 43.19日 23.81% 64.71歳
K1742 水頭症手術(シャント手術) 20名 10.85日 18.50日 35.00% 72.15歳
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの - - - - -

脳外科で一番多い手術は、『慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術』です。慢性硬膜下血腫とは、頭部打撲後などに硬膜という膜と脳との間に徐々に血がたまって脳を圧迫する病気です。局所麻酔下で血腫の洗浄除去を行うことで、脳の圧迫を解除し症状を改善します。
二番目に多い手術は、『経皮的脳血栓回収術』で、急性期脳梗塞に対する手術です。脳梗塞は、脳の主要血管が血栓などで閉塞し、脳血流が流れなくなった状態です。鼠径部の動脈(または上腕の動脈)からカテーテルを挿入し、頭の中の血管に進め、血管を塞いでいる血栓を回収し、閉塞した血管を再開させます。再開通までの時間が短ければ短いほど予後が良いため、可及的速やかに処置を開始することが重要です。脳血栓回収療法に関して当院は積極的に取り組んでおり、再開通までの時間の短縮化に努めております。吸入型とステント型の血栓回収器具を組み合わせ、再開通率と成績の向上が見られております。
三番目に多い手術が、『脳血管内手術(1箇所)』です。外科的に開頭術をしないで動脈瘤の再破裂を予防する手術です。鼠径部の大腿動脈よりガイディングカテーテルを入れ動脈瘤近傍まで進め、マイクロカテーテルを脳動脈瘤の中まで誘導して、ここからプラチナのコイルを何本も詰めていきます。
四番目に多い手術が、『水頭症手術(シャント手術)』で、五番目に多い手術が、『頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの』です。
地域の病院として、脳神経外科手術全般に対応しております。高齢の患者様が多いのが特徴であり、確実かつ負担の少ない手術を目指しております。
脳腫瘍についてはナビゲーションやモニタリングを用いて安全で効率の良い切除を目指しております。

小児外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 30名 0.00日 0.20日 0.00% 2.83歳
K836 停留精巣固定術 26名 0.00日 0.42日 0.00% 4.58歳
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 14名 0.71日 4.57日 0.00% 11.07歳
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 11名 0.00日 0.36日 0.00% 3.82歳
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) - - - - -

小児外科で一番多い手術は、『鼠径ヘルニア手術』です。小児の鼠径ヘルニアは立位、啼泣時、排尿・排便時など腹圧上昇時に膨隆、腫瘤が出現する疾患です。成人と原因が異なり、胎児期に形成される腹膜鞘状突起の閉鎖不全が原因とされます。自然治癒することは少なく、また乳児期は血流障害をおこすことが多いため、比較的早期に手術が行われます。二番目に多い手術は、『停留精巣固定術』です。停留精巣とは陰嚢の中に精巣が入ってない状態で、男の子の先天的な異常の中でもっとも頻度の高い疾患です。精巣が触知できるタイプは、鼠経部に数cmの横の切開を行い、精巣を陰嚢に収容し固定します。乳幼児から中学生までの患者様の個々の状況に合わせて手術方法(腹腔鏡など)を用意し、ご家族皆様が納得しうる最善の治療を提供できるよう努めています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 229名 0.64日 1.04日 0.00% 74.09歳
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 12名 0.17日 3.00日 8.33% 67.92歳
K2422 斜視手術(後転法) - - - - -
K2171 眼瞼内反症手術(縫合法) - - - - -
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) - - - - -

眼科で一番多い手術は、白内障の手術『水晶体再建術(眼内レンズを挿入)』です。白内障手術では超音波水晶体乳化吸引術および眼内レンズ挿入術を行なっております。
『硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの)』は、硝子体の中の出血、混濁を硝子体とともに切除して透明性を確保し、網膜前膜や網膜にできた増殖膜を取り除き、網膜の病気の進行を抑え、網膜の機能の障害を改善させる手術です。
斜視手術では、眼球に付いている筋肉の位置や長さを変え、筋を弱めたり(後転法)、強めたり(前転法)する手術を行ないます。幼小児の手術では全身麻酔で行っております。

婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下膣式子宮全摘術 139名 1.00日 3.01日 0.00% 46.60歳
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 79名 0.81日 3.00日 0.00% 38.14歳
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 38名 1.16日 3.05日 0.00% 39.45歳
K8862 子宮附属器癒着剥離術(両側) 腹腔鏡によるもの 25名 1.20日 3.08日 0.00% 38.20歳
K867 子宮頸部(腟部)切除術 22名 0.00日 1.00日 0.00% 39.36歳

婦人科で一番多い手術は、『子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 』です。二番目に多い手術は、『子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの』です。三番目に多い手術は、『腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術』で、四番目に多い手術は、『子宮附属器癒着剥離術(両側) 腹腔鏡によるもの』です。当院は婦人科腹腔鏡手術センターを設置しており、腹腔鏡手術が当院のスタンダードとなっております。一般的に最も難易度が高い腹腔鏡下子宮全摘術が当院で最も多い手術件数になっていることが特徴です。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 45名 5.09日 4.60日 2.22% 68.73歳
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 19名 4.21日 10.21日 0.00% 80.47歳
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 13名 0.08日 14.46日 7.69% 68.15歳
K596 体外ペースメーキング術 - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -

循環器内科で一番多い手術、『経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの』と、三番目に多い手術、『経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの』は、狭心症などの虚血性心疾患に対するカテーテル治療です。虚血性心疾患は心臓の筋肉に必要な栄養や酸素を運ぶ血管(冠動脈)が細くなったり詰まったりして、心臓に十分な血液が送られなくなることによって起こります。このため、カテーテルという医療用の細く柔らかいチューブを差し込んで、血管の狭くなった部分を広げて、血液のスムーズな流れを取り戻す治療を行います。
二番目に多い手術は、『ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合)』で、徐脈性不整脈に対して行います。徐脈性不整脈は脈が遅くなる不整脈で、安静時や軽い労作でも、めまいや息切れを起こすことがあり、 ペースメーカーを移植し、脈を戻します。四番目に多い手術、『体外ペースメーキング術』は、完全房室ブロック(CAVB)・洞機能不全症候群(SSS)・徐脈性心房細動(Af)にて自己心拍による血流動態の維持が困難な状態に実施します。五番目に多い手術、『四肢の血管拡張術・血栓除去術』は、下肢の閉塞性動脈硬化症などに対して行います。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0.02%
異なる 14人 0.16%
180010 敗血症 同一 25人 0.28%
異なる 49人 0.56%
180035 その他の真菌感染症 同一 - 0.01%
異なる 11人 0.13%
180040 手術・処置等の合併症 同一 17人 0.19%
異なる - -

播種性血管内凝固症候群』はDICと呼ばれ、さまざまな重症の基礎疾患のために過剰な血液凝固反応活性化が生ずるため生体内の抗血栓性の制御能が十分でなくなり、全身の細小血管内で微小血栓が多発して臓器不全、出血傾向のみられる重症の病気です。
『敗血症』は、血液中に細菌が入り込んでおこる菌血症や、ほかの感染症に対する重篤な全身性の反応に加え、体の重要な器官(臓器)の機能不全が起こる病態です。
『真菌感染症』は、真菌によって引き起こされる感染症です。
『手術・処置等の合併症』は、手術や処置などの後、それらがもとになって起こることがある病気です。
(内訳)医原性気胸、手術離開、術後創部感染、中心静脈カテーテル感染症、左人工股関節の破損・脱臼・ゆるみ、人工関節感染、VPシャント感染
当院はICUを有しており重症症例、大手術後の患者様を多く診療しております。そのため血液凝固異常やさまざまな感染症の合併により敗血症や播種性血管内凝固症候群(DIC)がおこることがあります。合併症は、最善の手術や処置を尽くしても、全ての患者さんで一定の確率で起こり得るもので、医療ミスとは異なります。適切な治療が行えるようスタッフ全員で治療を行なっております。

更新履歴

2021/9/30
令和2年度 病院指標を公開しました。